怒っている相手に上手に謝る「ごめんねLINE」とは


今週の、モテるLINEドリルは、

上手に謝る「ごめんねLINE」です。

na (1).jpg

 

 

あなたは、昨夜、
会社の飲み会で酔いつぶれて、

 

その夜は、気になる相手にLINEを
しそびれてしまいました。

 

翌朝、LINEを見ると…相手から、

「もう連絡しなくていいから」

のメッセージが入っていて、
相手はかなり怒っています。

 

 

そんな、気まずい朝に
「ごめんねLINE」をするとき
あなたならどう送りますか?

 

 

1、 昨日はみんなで飲んでいてLINEできなかった。悪いね。(理由を入れてできない状況を詫びる)

 

2、 昨日はごめん。LINEできなくて。本当にごめんね。(ひたすら謝る。理由はいれない)

 

 

さあ、どちらが正解でしょうか?

LINEメールカレッジ

 

 

今週の答え

正解は2です。

じつは

1、 昨日はみんなで飲んでいてLINEできなかった。悪いね。(理由を入れてできない状況を詫びる)

これは×!

メールをおくれなかった理由をついつい翌日朝に怖いし
いろいろ怒られるのを少なくしたいので、言い訳を入れてしまいがちなんですが、

これやるとモテないのです!

というのも

理由や言い訳は自分のためだからです。

怒られたくないから理由や言い訳をいれちゃうと

怒っている相手からすると
理由とか言われて正当性を言われるよりも

ちゃんと謝ってほしいのです。
長い間、浮気や事故やけがしてないかまで心配した自分に。。

ということで、答えは、

 

2、 昨日はごめん。LINEできなくて。本当にごめんね。(ひたすら謝る。理由はいれない)

これが大正解なんです。

とくに相手が感情が怒ったり、悲しんでいるときには
ひたすらゴメンといいづつけて
相手がちょっとだけ和らいでくれていたら

相手が何でできなかったの?と聞いて初めて
1の理由を伝えるのがベストなんです。

 

ぜひ、おこられたら
ごめんねと言ってひたすら謝ってみてください。

男女共通なので男性から女性、
女性から男性版は知っとくと
仲良いカップルでも、早く修復できますよ。

IMARI20160806403917_TP_V.jpg


 LINEを制するものは恋愛を制する! モテるLINEメールカレッジ

関連記事