相手を喜ばせるメールの極意「アイサレ文」


モテるメールカレッジ学長の
モテるLINEメール評論家
白鳥マキです。

 

先月は仙台の七夕祭りに
仕事で行きましたが
華やかですよね~。

 

スクリーンショット 2017-07-25 21.55.33.png

 

 

仕事だけど
なんだか気分はウキウキ、
キュンキュン勝手にしていました。

 

日本の夏は祇園祭り、
ねぶた祭り、隅田川花火大会、

私の地元は
PLの花火大会なんてのもあり

恋愛をするにも
とってもお出かけしやすい
絶好の季節です。

 

お祭りも大事なデート。
ぜひ素晴らしい結果を
ドンドン出しちゃってください

 

 


130816.LINE.jpg

 

 

 

 

さて、それでは、今日の本題に
はいっていきましょう!

 

 

 

誰でもモテるんです!

 

 

モテている人がどのように
LINEを送っているのか

「その内容」さえわかれば!

モテるIさんは「ア・イ・サ・レ」文を上手く使いこなしていた!

 

白鳥の結婚相談所で
うまくいっている

会員I様さん(28歳会社員)に
了承を得て少しテーマに沿って書きます。

 

YK0I9A6213_TP_V.jpg

 

実はLINEのやり取りにも
実際のコミュニケーションが
うまくとれるかは大事な要素で、

相手から振り向いてもらうために
小手先のテクニックで振り向かせても
長続きしないと嫌ですよね。

 

白鳥も12000人を
カウンセリングしてきて、
わかったことがあります。

 

あなたの本心から、自然にでる
「共感」「感謝」

あるほうが、

相手が振り向いてくれやすくなり
恋愛も長続きするんですよね。

 

 

 

だって自分を偽ったりする
無理がないからです。

無理して好かれたくないっ
ていうのは人間としてもっている感情
でもあるので大事なことだと私は思います。

 

 

 

で、今回のテーマでもある
テクニックの前に
私が提唱するのは

 

相手がそのメールをみて

「喜ぶか、喜ばないか」

 

というところを外さないで
LINEの文章をつくる

 

このLINEテクニックについて
お話したいと思います。

 

 

unnamed (18) (2).jpg

 

 

 

 

文章をやりとりしている時に
相手が心から温かい気持ちになって
あなたを大切に思ってくれてこそ
「モテるLINEメール」なのです!!

 

そのために
「共感」や「感謝」を
伝える方法として、

使いやすいベスト3の言葉
教えちゃいます!

 

 

 

「ありがとう」

「いいね」

 

「さすが」

 

この3つを
まず意識して使ってみると

かなり良い返事が
相手から得られます

 

 

 

だって人って
あなたはそれでいいよっていう
「承認」を得たいからなんです。

「いいね」は、
すっごい魔法の言葉です。

 

 

ちなみに自分にも絶えず
「いいね!」をしてあげると
効果絶大です。

 

鏡をみて「いいね!」

仕事できたら「いいね」

ぜひ使って欲しいです。

 

yuka0I9A1561_9_TP_V.jpg

 

そして、もう1つ
相手が喜ぶLINEテクニックは、

「レスポンスの早さ」

 

反応をどんどんしていく素早さです。

 

これが、LINEには必要です。

ちなみに、先ほどの
「ありがとう、いいね、さすが」を

LINEで一回だけいうのではなく、
「連続」して使うと、
相手から喜んでもらえて

「レスポンス」が
ぐっと上がること間違いなし!

 


相手「今日、仕事で褒められたよ」
あなた「わ!!さすが!」

相手「で、今度会議で司会頼むって言われて」
あなた「うそ!!すごい、さすがさすが!!」

相手「でもできるかな。。。」
あなた「周りが言ってくれてるならいいと思う!」(いいと→いいね)

 

こんなふうに、
重ねて使ってみてください。

 

 

なぜかというと相手はたえず、
人から自分がどう思われているのか
気になるので

 

嬉しい評価をしてくれる人には
うれしいので、
すぐにレスポンスをしたくなるからです。

 

 

お見合いがうまく
長続きしているIさんに、
LINEを見せてもらったら

こればっかりを
上手に使いまわしていました!

 

 

恋愛でまた会いたいといわれる
「リピート恋愛」
ハンパなかったのです。

 

 

 

d341423d48373122089290dacb501cdd_t.jpeg

 

 

あなたも、
今わかったのですぐに使えますよ!

 

私は、この言葉の頭文字をとって
「ア・イ・サ・レ」文
メールに上手く使ってね、

と教えています。

 

 

「ア・イ・サ・レ」文の活用例

 

 

もうちょっと例を挙げてみますね。

例えば、ありがとうを使ってみると
「夜ごはんつくったよ」
    ↓
「夜ごはんありがとう!」

 

感謝がすぐにつたわり、
相手が喜んでくれます。

 

さらに連続で

 

「冷蔵庫でひやしとくね」
   ↓
「ありがとう!楽しみに帰るね」

 

と繰り返し使うと、
ごはんつくったよとメールした彼女も
あなたからの感謝の気持ちの嬉しさが
連続してメールがくるので

 

二人の関係がすごくよくなります。

 

 

 

次に、いいね!を使ってみましょう。

 

 

「横浜に行ってみたい」
    ↓
「横浜、いいね!」

のほうが共感してもらったように
感じますし、

 

「中華街に行きたくて」
    ↓
「あ!それいい!」

 

 

 

など連続で使うと
さらにメールの相手は嬉しくなります。

 

 

Facebookのいいね!のボタンも
この心理を使ったので、
これだけ世界に広がったといえます。

 

それもいいね!一個だけでなく
いいね!1万回のような
連続でくりかえし返事をしているのは
いい見本になるかと思います。

 

 

自分のFacebook投稿について
世界中の人から「いいね!」と
返事がくるのだけでワクワクしますし

あれが「へ~」のボタンだったら
これだけFacebookが世界に
広がらなかったと白鳥思います!

 

 

 

 

次に「さすが」を使ってみると
どうなるでしょうか。

 

「ランチ予約したよ」
    ↓
×「どこに?」
「さすが、早い!」

 

とかの返事をすると相手も嬉しくなり、

 

「前に話していた和食ね!」と
さらにメールが来たときに、
連続で「さすが」を使って

 

「お!さすがだね」なんて返すと
相手もその気持ちに応えたくなって
メールのレスポンスも上がります。

 

 

文章の作り方に迷ったら、
まずは自分のことを
正しく伝えることも大切ですが、

 

相手へ、その文章を送って
「喜ぶかなあ、喜ばないかなぁ」
と振り返ってもらい、
作成していくとうまくいきます。

 

 

相手があなたを好きになるためにも
ぜひ、この基本
「相手が受け取ったら嬉しくなること」
軸にして

 

「ありがとう」
「いいね」
「さすが」

 

をメールの返事にはつけて、
「レスポンス」は早く、

 

やりとりには「連続」して使うこと
を意識して使ってくださいね!!

 

 

 

b_illust_57_0M.png

<<<今日のまとめ>>>

 

メールは相手を喜ばせることが大前提!
喜ばせるには承認メッセージが大切
ア・イ・サ・レ文を上手く使う

「ありがとう」
「いいね」
「さすが」
をLINEやメールにいれて

最後は
「レスポンス」を早く
していきましょう。

 

 

b_illust_57_0M.png

 


 LINEを制するものは恋愛を制する! モテるLINEメールカレッジ

関連記事