「相手のココを直して欲しい!」という時のスマートメール術


モテるメール評論家
白鳥マキです。

白鳥マキ

 

 

 

今日は、「相手のココを直して欲しい!」という時に使える
スマートメール術を伝授します。

 

 

 

相手の直して欲しいところをスマートに指摘するメールテクニック

相手の直してほしいところを
指摘すると怒られそう。

どうすればいい?

 

完璧な人間は存在しませんよね。

白鳥も毎日、自分の足らないところ
まだまだ勉強しないといけない
ところなども日々反省しています。
(-_- 😉

 

 

ただ、相手に直して欲しいなって
思うところを相手に嫌われず、
不快にさせずに、

 

それもメールで伝えるという
難しいこともしないといけない時
もあると思います。

 

valentinePAKU2837_TP_V.jpg

 

つき合う時間が経つにつれ、
好きになった相手にも粗が見えて、
直してほしいと感じるのは
普通のことです。

 

しかし、
「過去と他人は変えられない」とは
よく言ったものですが、

相手に悪いところを伝えるのは
至難の業です。

 

特に、好きだからこそ直してほしい
という思いが前提だとしても、
相手に指摘をすると、
嫌われかねません。

 

 

そこで、今日は、
上手に嫌われないように、
相手の悪いところを指摘する便利な方法
をお伝えしていきます。

 

 

 

 

過去のことを指摘するのは厳禁

まず、覚えておいてほしい
ルールその1。

 

「過去のことを
  指摘するのは厳禁」

 

です。

 

 

×「いつも遅刻するよね」
×「前にも言ったよね」
×「何回言ったらわかるの」

 

ginza_applemae201409211656191_TP_V.jpg

 

 

ルールその2は、

「自分の気持ちを交えて、
相手に直してほしい点を
伝える」

 

です。

 

 

 

自分が嫌だと感じていることを
主語を私にした「Iメッセージ」
を使って伝えましょう。

 

「あなたは◯◯な点がダメ」という
事実のみを指摘してはキツすぎて、
相手から拒絶されかねません。

 

 

×「(あなたは)いつも
     遅刻するよね」
    ↓

「(私は)時間を守って
    もらえると嬉しい」

 

×「(あなたは)約束
     守らないよね」
    ↓

「言ったことをやってくれたら
 (私は)助かる」

 

人は、好きな人の期待に応えたい
ものなので、

 

あなたが喜ぶならやってみよう、
と受け止めてもらえる形式で
ぜひ提案してみてください。

 

 

 

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s.jpg

 

 

ルールその3。

相手の悪いところは
『未来形+期待値』で伝える」

 

です。

 

 

「(私は)時間を守ってもらえると嬉しいし、もっと仕事の評価が上がると思う」

「言ったことをやってくれたら(私は)助かるし、みんなも喜ぶよ」

 

悪い点を指摘していながらも、
自分のことを思ってくれている発言は、
アドバイスとして受け止めて
もらえます。

 

 

さらに、相手に変わってもらうことを
要求するなら、言いっ放しではなく、

その点について責任を持つことを
明言すると相手は腹が決まります。

 

「何かあったら私が責任を取るから、やってみて」
「私はあなたのことを見捨てない、一生ついていくよ」

 

 

この言葉は
プロポーズでも使えるほどの
パワーがあります。

 

 

相手との信頼関係を深めるのに
これ以上の言葉はありません。

 

d0979cbdbadcb89b012dc8c344f94d5c_s.jpg

 

以上、3つのルールは、
どれもこれまでお伝えしてきた
内容です。

最後の2つの例は、
そうそう言えるものでもなく、
最上級と言っても過言ではありません。

 

ここまで言える覚悟があれば、
もう心配はいりませんね。

 

これ、会社や旦那さん、
子供さんがいる方も使える方法です。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

ワンポイント・レッスン

好きな相手に悪いところを指摘するなら
「感情+未来形+期待値」で!

これに俺とか私の言葉も入って
責任が加わると、
もうプロポーズそのもの!

 

ぜひ、活用してみてください!!!

 


 LINEを制するものは恋愛を制する! モテるLINEメールカレッジ

関連記事