【開催報告】社交上手になるモテメール講座


去る2018年8月10日(金)、赤坂の紀尾井町ホールにて、
私も会員である、モナコ公国公認のチャリティー団体

アミチエソンフロンティエールジャポン】様主催のイベントが開催され

 

白鳥マキが、

〜また会いたい人になる〜
【社交上手になるモテメール講座】

にゲストで講演いたしました!

今回は、セミナーでお話した内容を
さらに詳しく解説いたします。

 

社交上手になるモテメール

 

メールで出席や欠席のお返事する時は、返事の仕方を迷いますよね。

パーティや集まりに誘ってくれた方に
さらに好きになってもらえるように、
うまくメールでコミニケーションとれていますか?

 

なかなかパーティのお誘いや、お断りのお返事って誘った方に対して、
気持ちを害してはいけないし、
他の方より一歩リードして可愛がっていただける人になりたいですよね😊✨

 

パーティーやお誘いのメールの聞かれる内容のポイント

1、参加の時の返事
2、不参加の時の返事
3、会った時に次に繋げるためのメール

なんです。

 

この3つの仕方がわかれば、どんなお誘いがきても平気になります。

わかったらお使いもスイスイ楽しくなりますよね。

 

パーティのお誘いや、お断りのお返事って 誘った方に対して、
〇〇さんが相手に対して思いやすい事は

 

誘った方に対して返事したことで
【Yesの場合は相手に喜んでもらいたい】し、
【NOの時はせっかく誘ってもらったのに、相手の気持ちを害してはいけない】という
ところでどんな返事が良いのかわからなかったり、迷ったりすると思います。

 

そこでお手本になるお誘いメールの返し方っとインターネッとで検索すると
たくさん正しい返し方はでてきます。→ぜひ参考にしてみてください。

ただ、正しいメールのお返事はかなりビジネスライクなんですよね。

 

 

ではなぜ、インターネットにも載っていない
「モテるメール」でお返事するのが大事なのかというと

 

仕事や普通の一般的なメールは

「丁寧に書く」
「わかりやすく書く」
「失礼害してないように書く」ですが

 

今回はポイント「モテメール」は
⭕️好きになる!
⭕️応援したい!
⭕️また会いたい!

と思われるように書くテクニックなんです😊✨

 

なのでメールにモテるメール術を、入れ込むだけで
相手から、あなたに会いたい、好きだ、助けてあげたい
応援したいなと、感じてくれるようになるんですよね。

 

 

 

では具体的にどうしたら良いか?
シチュエーション別に解説しますね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

1.相手の返事にYESの時

相手「今週日曜日夜7時からパーティに来ませんか?」

 

×「パーティーお誘いありがとうございます。出席させていただきます」

 

「パーティーお誘い嬉しいです!〇〇さんからのお誘いなら喜んで出席させていただきます」

 

woman-smartphone-girl-technology.jpg

 

 

×は丁寧に分かりやすく
失礼がないメールです。

 

 

間違いではありませんが、実は

お誘いした人は 出席についてくるかどうかも知りたいけれど、

 

誘って迷惑じゃないか、うれしいかどうか、嫌なのかも知りたいのです。

 

 

〇のメールには、

嬉しいという「感情」

「あなたからのお誘いなら」という特別感

が入っています。

 

オマケの話ですが、
モテない人のメールは【喜怒哀楽】うれしい、たのしい、悲しい、怒っている、寂しいが入ってない場合が多く、メールだけでは愛されにくいのです。

 

あとは、あなたからのお誘いなら」という
「特別感」もメールに入れていくと、
相手が喜んでくれて、距離が縮まるのです。

 

 

2.相手のお誘いにNOの時

相手「今週日曜日夜7時からパーティに来ませんか?」

 

×「あいにく、日曜日は仕事の打合せで銀座に7時に行って、そのあとに病院にいかなければならなくて難しいのです」

 

「お誘いありがとうございます。その日は都合が悪く大変申し訳ないですが出席できません」

pexels-photo-1035588.jpeg

 

ぱっと見たら×は優しい人で
お断りの仕方も丁寧と思われますが
誘った人からみたらNGな返事のパターン。

 

クドクド理由を入れるのは
自分のため。

 

相手が残念がったり、悪く思われたくないという気持ちからだと思うのですが、

文章が長いと、誘って悪かったのかな…と思われてしまい、次回のお誘いからも、毎回重たい理由が長々来ると思うと、お誘いがツラくなります。

 

 

オマケに結局NOの返事がないので、
もう一度メールして
「結局NOですか?」と聞かないといけないメールの返し方。

 

 

できたら
お断りは短めに長さもシンプル2行以内。理由なし。
がモテるメールでは〇なんです。

 

たくさんNOの言い訳をしやすい人は
ついつい日常でもそんな長々と理由
とかを入れてしまい、
誘われ下手さんになってないでしょうか。

 

 

3.パーティーに行った時

次に会いたくなるメールの仕方

 

×「今日はお会いできてよかったです。またお会いするのを楽しみにしてます。」

 

「今日は〇〇さんの仕事の〇〇のお話すごく参考になりました。まだまだ〇〇さんのお話を聞きたかったです。」

 

f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_t.jpeg

 

×はやりがちなメールですが、
相手が誰になってもコピペで使える
メールになっていてませんか?

 

社交辞令的な感じになってしまい、
せっかくあなたが時間をわざわざ割いて
書いたお礼メールも

印象はかなりゼロになってしまいます。

 

この場合は、〇のように

 

「相手の名前〇〇さんをいれる」
    +
「当日会話した個人的な情報
 を盛り込む」
    +
「もっと会いたいアピール」

をしてみてください。

 

これによって返事がきたら
心が開いているということ!

 

メールのやり取りがたくさんできて、
メール返信のテンポも早くなってきたら

 

勇気をだして
「一度ぜひ〇〇さんとお茶でもしたいので、よければ9月の2週目の土日で空いていたらちょこっと会えたらうれしいかもです」

 

と「かも」を入れて
文章を柔らかめにして
勇気を出して誘ってみてください。

 

「かもメール」
お誘いを和らげる魔法のテクニックです。

 

 d0979cbdbadcb89b012dc8c344f94d5c_s.jpg

 

ちなみに、
さらにモテるメールにするために

 

男性から女性へは
「共感メール」

・そうだね
・そう思う
・わかるわかる

 

女性から男性へは
「ヒーローメール」

 

・さすが
・仕事できる
・すごい
・センスいい
・そうなんですね

 

のモテる
さ、し、す、せ、そ

を使ってみてください。

 

人の出会いは奇跡です。

 

♪あの日、あの時、あの場所で君に出会わなかったら、僕らは今でも見知らぬ他人のまま〜♪

の小田和正さんの歌のように

 

ぜひ広い人脈を作って
世界に行く前のバイブルとして
モテるメール術を手に入れてください!

 

 

S__27148313.jpg

 

モテるメールのやり方は
スグにメールの返しがわかる!使える!

モテるLINEメールの教科書
白鳥マキ著 【モテるメール術】ダイヤモンド社 をぜひみてください。

 

白鳥マキ

 

 

<セミナー裏話>

長男長女はモテないんです、、、

と話すと皆さん爆笑に。

 

 

プレゼントや相手のことを感じて優しい
長男長女は実は本当に受け取り下手。

 

長男長女はじめ、受け取り下手さんが
受け取り上手に一分ですぐ変わるワークショップは大盛況でした。

 

 

素晴らしいアミチエソンフロンティエールジャポンからは

パーティや異次元な素晴らしい景色や体験のオファーが来てます。

 

今回は、告知後すぐに満席となり、
キャンセル待ちのまま来られなかった方は申し訳ありません。

次回も、アミチエからのお誘いにも乗ってみてくださいね。

 


 LINEを制するものは恋愛を制する! モテるLINEメールカレッジ

関連記事