モテない人のLINEは、残念な質問攻めだった!モテるLINE改善ポイント3つ


モテるLINEメール評論家の
白鳥マキです。

 

今日は、モテない人がやってしまいがちな、
LINEによる「残念な質問の仕方」と、
モテるLINEへの改善ポイントをお話しますね。

 

素直がウリの女医Aさんのモテない原因は質問の仕方にあった!

LINEで残念な質問攻めを解消するには

 

リアルが強い、女医のAさんは、
3ヶ月でいつもフラれてしまう
というパターンが続いていました。

そんなAさんから、
相談をいただきました。

 

「先生、私、忙しい時にメールすると、だいたい、相手が冷めていくんです。」

 

私は「本当かな?」ということで
いつものメールパトロールをゴー。

 

AさんのLINEをチラ見したところ、

「あ…ああ〜ダメだこりゃ〜
 なぜ、そう伝えるのかなぁ〜?」

という結果でした。

 

Aさんは「質問の仕方」が
かなり残念だったんです!

 

彼女は女医さんでもあり、
リアルでは上手くいくタイプの女性。

 

でも、残念ながら

彼女は忙しいので
好きな彼には、

 

リアル1割
メール9割

 

というコミュニケーションの割合でした。

 

Aさんはお付き合いする期間が
だいたい3ヶ月もたないのが悩みでした。

 

TAKEBE055122456_TP_V.jpg

 

 

いますよね。

最初に盛り上がって
だんだん、飽きられちゃう
もったいない方。

 

 

なぜなら、彼女のクセは、

 

“思ったことを
そのまま伝えてしまう
質問の文章”

 

を送ってしまうことでした。

 

 

 

例えばこんなメールでした。

 

 

×「今、どうしてる?」
×「ヒールが痛いのよね」
×「今日は疲れてない?」

 

 

彼女からすると
何気な〜く送ったLINE。

 

長く付き合っている間での
会話ならよいですが、

いきなり、こんなメールがすると
付き合い始めの頃は、
彼からは返事が後回しにされがち。

 

何故?でしょう。

 

 

いいですか!

 

どうやって返事するかを
考えさせるメールは
ルール違反なんです!!

 

b_simple_99_0M.png

モテるLINEの鉄則は、

相手がなるべく楽に
返事ができる質問

すること!

b_simple_99_0M.png

 

よく恋愛で、

「素直が一番な女子」や
「ストレートに言うのが好き男子」
がやりがちな間違い。

 

相手に素直に本音を話せば
返事が来るだろうと想定して

なんでも会話の文章を
思ったままストレートに質問すると

 

「大変メンドクサイ人」


になります。

 

Aさんはそこが足らなかったんです。

 

なぜなら、LINEを受け取った相手が

答えようがない内容


ばかり
送ってしまっていたんですよね!

 

 

さらに、もし軽く返事が来ても、
また質問となり、
ずっと相手から永遠に質問が続き、

その会話自体に
終わりがなくなってしまっていました。

 

う、、、こんな相手、

メンドクサイだけ
なんですよね。

 

だんだん、相手は
返事を返さない・・・
ということまで起こります。

 

PAKU150710370662_TP_V.jpg

 

 

きっとこれ、経験がある人なら
「そうだよなぁ」「うんうん」
なんて思う人も多い事なのですが、

やっている本人は
結構気づかないことが多いです。

 

 

その中でも
一番相手から嫌がられてしまうのが、

「どうでもいい質問」
の連続をされることです。

 

昔、流行ったコントで
だいたひかるさんの

「どうでもいいですよ~」

になっちゃいます。

 

先ほどのAさんも、

好きな相手からのLINEのやり取りを
終わらせたくない思いが強いので

 

返事が止まる怖さから、
「どうでもいい質問」
を繰り返してしまったようです。

「どうでもいい質問」って
何だろうと思われますが、

 

例えばこんな感じになります。

 

×「いつもは何しているの?」
×「食事に行く男性とかいるの?」とか
×「うちの犬が最近元気無いんだけど、なぜかなぁ?」

 

 

本人はメールで楽しくやりとり
しているつもりですが、

 

メールを受けた方があなたの質問から、
どう思うかをほぼ想定していないのです。

 

 

受けた方がこれどう思っているかを
一言で表すと、

 

「だからどうなの?」

 

になってしまうんです。

 

 

これ、もし本当にだから何なの?

なんてメールが来たら怖いですよね。
(・・;)

 

付き合いが長いカップルだと
このストレートに聞く形でも
大丈夫になってきますが、

まだ人間関係が出来上がる前でしたら
この質問の仕方は
相手からあまり歓迎されません。

 

 

先ほどの文章の例題の中の一つを
選んでみますが、

 

×「食事に行く男性とかいるの?」

 

ってメールで聞かれて本音で

 

「それ、あなたには関係ないでしょ。
どう返事したら喜ぶのですか?」

 

のような返事がくるのかというと、
世の中そんな冷たい子はいないので、
こんな返事はさすがにしてきません。

でも、実は心の中の本音は

 

「食事に行く男性がいるか、
 あなたが知って
 どうするのですか?」

と思っている人が多いです。

 

モテナイ文章を書いちゃう人は、
この続きがさらに悪く、

彼女が、
食事をする男性は「いないですよ」
なんて言ったら

「そうなんだ」で終わるのかなっ
て思っていると
「本当はいるでしょ?」と
また質問をしてしまう

 

「メール事故(^^;)」

まで起こしてしまう人がいます。

 

相手は

「はあ。やってられない、
 また質問が続くの?」

 

 

となって、だんだん、
メンドクサイ人だなと、
自然と遠のいちゃいますよね。

 

 

伝え方の明暗を分ける質問のポイントは3つ

メールでコミュニケーションをとって
接触回数を増やそうと努力して
質問攻撃をしているあなたの努力も

相手からしたら、
もしかしたら、、、、

この人恋人にしたくないな、
メンドクサイなって思われ、

よかれと思って質問しているLINEも
逆効果になるという
悲惨なことになってしまいます。

 

 

そうならないためには、
このようなところに
注意をしてみましょう。

 

 

b_illust_57_0M.png

1、ストレートに聞かない

2、質問をする理由を入れる

3、相手のメリットを意識する

b_illust_57_0M.png

 

私はクライアントに、スグ簡単に
意識して使ってもらえるように
覚えてもらいたくて、

 

質問には、

「メリット」と「理由」

を入れてくださいねと
お伝えしてます。

 

ぜひ、便利なメリット法
「メリットと理由」をいれながら
LINEを作ってみてください。

 

相手からの返信のスピードが
あがりますよ!

PAK853_namiuchigiwadekoibito14171628_TP_V.jpg

 

先ほどのAさんの会話を、
白鳥のモテるLINEカレッジ風に
添削するとこうなります。

 

すぐに使える!モテるLINEメールテンプレート

 

 

×「今どうしてるの?」
    ↓

「今テレビであなたが好きなサザンでていて!今どうしてるの?テレビ今見たらよいかもよ♪」

↑人は好きな物や事を覚えてくれているだけで嬉しいのでポイントアップ

 

b_simple_99_0M.png

×「ヒールが痛いのよね」
    ↓
「昨日、新しいヒール買ったの!今度のデートで履くやつなの。ただ〇〇くん、どうしよう、ヒールが痛い~」

→お!俺とデートするために努力してかわいいな。。。なんて思うきっかけになる。

 

b_simple_99_0M.png

×「今日は疲れてない?」
    ↓

「遅くまでご飯とか付き合ってくれてありがとう。疲れてないかな」

→おもわず、おもいやり、優しさを出せる。相手を尊敬、尊重していてグッド!

 

b_simple_99_0M.png

どうですか?

 

ちょっとだけメリットや
相手のことをいれると

モテるLINEに大変身!

 

残念な質問攻め・・・に思い当たる方は、
ぜひ、上記の「モテるLINE改善ポイント3つ」

を試してみてください!

 

 

 

 


 LINEを制するものは恋愛を制する! モテるLINEメールカレッジ

関連記事