メールのお誘いがうまくなる6つのポイント


 モテるメールカレッジの
皆さま こんにちは♪

 

人生をメール一行で変える
モテるメール評論家 白鳥マキです。

 

、1prof2.jpg

 

突然ですが、
これ何の数字かわかりますでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

221回

 

 

 

 

↓ ↓ ↓ 答えは ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

↓ ↓ ↓  実は   ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

221回とは

人が一日に
スマホを見る回数
なんです。

 

ということは、例えば
お仕事している以外の
空き時間のほとんど

1日中スマホの画面を
見ているんです。

 

それも221回!

 

その中でも、
メッセージの交換回数は、
平均50通
ほどやりとりしています。

MIYAZAKIDSC_9696_TP_V.jpg

最近では、
一日一度もメールをやり取りしない人
はスマホを持っている人では
ほぼいない感じになってきました。

例えば、
英会話は習いますが、メールは日本語。

日本語は習わないし、
勝手に話せるように、
メールをわざわざ習う方はゼロに
近いと思います。

 

さらに仕事で使うビジネスメールは
1、 正しく書く
2、 失礼のないように書く
3、 順序よく書く

などある程度フォーマットや、
言い方も決まっているから
ちゃんとビジネスメールができる方は
多いですが、

プライベートになると、
メール偏差値が個人で
すごく差が実はあるのです。

 

yuka0I9A1561_8_TP_V.jpg

プライベートメールに関して言うと、
アンケートでも7割の人が
「自分のメールに不安を感じている」
と回答されていて、

 

一番のメールの不安第1位は
【メールの内容が正しく伝わっているかどうか】
だそうです。

 

やはり、自分がちゃんとメールが書けて、
相手に正しく伝わっているかは
かなり気になるところですよね。

モテるメール術は
1相手に好きになってもらう
2相手から応援してもらえる
3相手が会いたいと思ってもらう

という大事な相手の
【感情】+【行動】に
速攻変えていくメールとなるので

ビジネスメールや一般的なメールとは
全く違うメールの書き方となります。

皆さんも、
モテるメール術をマスターして
人生を愉しみつくすことができるように、
応援しています。

d5a57a6fcf101591c796e3d296723039_t.jpeg

さて今日のテーマは
メールで相手の気持ちを動かす
お誘い方法についてお伝えします。

 

5つのポイントだけでメールのお誘いが1分でうまくなる方法

見違えるように
モテるメールになる方法を
お伝えします。

 

なかなかメールでうまく伝わらない人の
特徴をみていると

この5つがわかってない場合に
メールで失敗していることがわかりました。

 

1、 自分が話したいことだけをメール(偏差値40レベル)

例「会いたいですね。」

これだと「話すレベル」です。

どこが悪いかというと、
自分が話したい事だけ独り言のような
メールをする人に良くありがちなメール
となります。

よくカッコいいのにモテない?の人は
ここでつまづいている人が多いです。

 

2、 会話レベルのメール(偏差値45レベル)

例「〇〇ちゃんと会いたいな。」

相手が自分に言ってるんだなと
気づくだけ。

会いたいんだなっと伝わるだけで、
あ、そうなんだと相手が思うだけのレベル。

3、 伝わるレベルのメール(偏差値50)

例「〇〇ちゃんと会って食事にいきたい」

相手に「自分と何がしたいか」だけは
伝わるレベルのメール。

相手が自分に言っているが
自分の意見をいれているだけなので
これだけだと、まだ相手が行こうとは
思いにくい。

普通の人はこのレベルのメールが多いです。

 

4、 相手を動かすメール(偏差値55)

例「〇〇ちゃんと会って食事をしたい。今週土曜日か日曜日で空いてる?おいしいイタリアンがあるんだよね。一緒にいきたい」

これだと返事がしやすく、
YES,NOも言いやすくなる。

相手にどう動いてほしいかメール
をすると行動できるので
メールの返事をしやすくなる。

5、 感情を入れるメール(偏差値60)

例「〇〇ちゃんと会って食事できたら嬉しいな。今週土曜日、日曜で空いている日ある?一緒においしいイタリアンにいきたいな」

感情を入れるのは、モテるメールの
かなり重要な法則になります。

嬉しい 楽しい 寂しい 辛い
悲しい 怒っているなど

感情をいれることによって
相手の心にさらに入っていきます。

これだとメールをもらった相手は
ぐっとあなたのお誘いをもらって
返事もして会いたいとも思ってもらいやすくなります。

 

__.JPG

今日のまとめ

モテるメールにするには

1、 話すレベル
自分が伝えたいことだけをメールする

2、 会話レベル
相手の名前や相手のことをいれてメールする

3、 伝わるレベル
相手となにをしたいかをいれてメールをする

4、 動かすレベル
相手に返事をお願いしたり、映像がうかぶように行動ができる言葉をいれる。どこに、なにをしに、いつ

5、 感情をプラスレベル
うれしい、たのしい、さびしい、かなしい、おこっているなど
感情を表す言葉を入れ込むとさらによい。

 

なかなか最初は
うまくいかないかもしれませんが、
意識して1→5のポイントをふまえて
メールしてみてください。

モテるメールが
1分でできて使えるようになりますよ!

 

 

 


 LINEを制するものは恋愛を制する! モテるLINEメールカレッジ

関連記事